旭川市市民活動交流センターCoCoDe
                           

防災ウォーク(ブラタモリ風)

2017年10月8日好天の中、「防災ウォーク」(ブラタモリ風)を行いました。紅葉も見事でした。

右岸は水流で削られるので護岸されています。
橋の下には電気や水道管などがあります。交通だけでなく、ライフラインの重要なポイントです。
橋の土台は免震構造になって、被害を最小にとどめてくれます。
堤防の階段に標高を表すプレートが貼ってありました。神楽橋と大正橋では2mもの標高差があることがわかりました。
豪雨のとき樋門で水流をコントロールしてます。
古い水路がありました。樋門を開閉して水流をコントールします。
水路の行き止まり。ここから何処へ?
この歩行者専用道路の下を流れているそうです。
ふり返り。楽しく勉強になりました!

前のページへ戻る
旭川市民活動情報サイト 旭川市市民活動交流センターCoCoDe