一般社団法人 ペアレントサポート旭川
                           

7月12日発達障害学習会「心と頭の科学」

「心と頭の科学〜感じ方、統合の仕方の違い」
子ども、大人の発達障害当事者支援者相互理解研究 あざらしらぼ 代表谷口正悟氏
頭の中で考えていること、心で感じていること、現実で起こっていることとの、統合の仕方と伝え方の違いについて、経験を交えながら、説明していただきました。
意識と無意識、ボディスキーマ、対象恒常性の獲得と脳の前頭連合野の活性化。
難しい話を、わかりやすくお話していただきました。
感じ方、表現の仕方が違うこと。
定型発達の専門家から見る視点とは違い、
相互理解研究だからこそ、見えてくる違いに、
また理解が深まりました。

自分の周りや自分の生きている世界に対する無条件の信頼
自分の周りにいる人々の行動や言動の一貫性、誠実性が、
対象恒常性の獲得のために大切な土台となるそうです。

 
   


前のページへ戻る
旭川市民活動情報サイト 旭川市市民活動交流センターCoCoDe