サイエンスボランティア旭川
                           

ワークショップ 「ふわふわ落ちるパラシュートを作ろう」

11月1日のワークショップは「ふわふわ落ちるパラシュートを作ろう」でした。
パラシュートは落ちるときに空気を捕まえて抵抗力が働き、ゆっくりと落ちていきます。
重りを替えたり、パラシュートの素材を替えたりして落ちる速度の違いを考えました。

パラシュートの傘になる端に糸を付けていきます。
好きな絵もちょっと入れちゃおう♪
重りにはペットボトルのフタを使い、重りの調節には粘土を使います。
どれくらいの重さで、どんな落ち方になるのか?
まずは実験!
「パラシュートは空気の抵抗力でゆっくりと落ちるんだよ」
うんと大きいパラシュートだと人も使えるかな?なんだかワクワクしちゃう♪

前のページへ戻る
旭川市民活動情報サイト 旭川市市民活動交流センターCoCoDe