サイエンスボランティア旭川
                           

ワークショップ 「糸でんわであそぼう!」

10月3日(日)のワークショップは「糸でんわであそぼう!」でした。
音はどうして伝わるのかな?
糸でんわは、音が糸を通っていくんだね。
声(空気のふるえ)が紙コップの底をふるわせ、そのふるえが底につないである糸を伝わってもう一方の紙コップの底をふるわせ、その底のふるえが空気のふるえ(音)となって相手に届くんだ。
「あ、お父さんの声聞こえたよ!」

紙コップの底にビニールを張ります。
ピンと張るとよく聞こえるんだよね。
張ったビニールの真ん中に穴を空けて糸を通します。

「もしもーし 聞こえますか?」
糸をクリップで繋ぐので、3人、4人とたくさんの人と繋がることが出来るよ♪
今度はお父さん、お母さん、お兄ちゃんと繋いでみよう!

前のページへ戻る
旭川市民活動情報サイト 旭川市市民活動交流センターCoCoDe