サイエンスボランティア旭川
                           

ワークショップ 「絶滅ほ乳類の砂絵を作ろう」

8月26日(日曜日)のサイエンスワークショップは「絶滅ほ乳類の砂絵を作ろう」でした。

科学館で現在開催している特別展「絶滅ほ乳類の世界」にちなんで、絶滅ほ乳類で砂絵をつくる工作を行いました。

今回は台紙にサーベルタイガーとマンモスを用意しました。

台紙を選んだら、台紙のどこに、どの色の砂を使うか決めます。
台紙の表面にカッターで切れ込みを入れて、表面の紙をピンセットではがします。
紙をはがしたところに、色のついた砂をかけます。

紙をはがして、砂をかける。この作業を繰り返して、一枚の砂絵を完成させます。

前のページへ戻る
旭川市民活動情報サイト 旭川市市民活動交流センターCoCoDe