サイエンスボランティア旭川
                           

ワークショップ「ふしぎな模様のマーブリング」

2月24日(日曜日)のサイエンスワークショップは「ふしぎな模様のマーブリング」でした。

まっしろの紙に、とってもふしぎでとってもあざやかな模様をつけます。

当日の様子です。

紙に色をつけるために、特別なインクをつかいます。
服にインクがつかないように、服をビニールでカバーしています。
バットの上に、マーブリング液をたらします。筆や棒を使って水面をかきまぜることで、模様をつけます。

ポイントはかきまぜすぎないこと。
水面に紙をつけると、水面の模様がそのまま紙にうつります。

前のページへ戻る
旭川市民活動情報サイト 旭川市市民活動交流センターCoCoDe