サイエンスボランティア旭川
                           

ワークショップ「ペットボトル水族館」

3月10日(日曜日)のサイエンスワークショップは「ペットボトル水族館」でした。

ペットボトルの中に、お弁当を持っていくときによく使う、小さなしょうゆ入れが入っています。
ぐいっ、とペットボトルを強く握ると、底に沈んでいたしょうゆ入れが浮かび上がります。
まるで、水槽のなかを泳ぐおさかなさんのようです。

おさかなの形のしょうゆ入れに色をぬります。
ゼムクリップをしょうゆ入れに取り付けます。
水の中を浮いたり沈んだりするためには、重さを微調整しないといけないんです。
最後に、しょうゆ入れとペットボトルに水を入れます。
水の量も大切です。細かい調整をしながら一番いい量を探り当てましょう。

前のページへ戻る
旭川市民活動情報サイト 旭川市市民活動交流センターCoCoDe