NPO法人 ペアレントサポート
                           

11月25日「おたのしみ会」

 人気のバルーンアートをはじめ、缶バッジ作りもあり、参加した子ども達も、楽しんでくれました。なかなか部屋に入れない子も、時間をかけ待っていると部屋に入れ、慣れてきて、笑顔になるのを見て、うれしかったです。発達に心配のある子もない子も一緒に楽しみました。
 ママ達にアンケートをとると、「子どもにどこまで叱って良いのか悩む」「発達障害があり、夫やおばあちゃんにも、もっと理解してほしいけど、難しい」「何でも口に入れるので、目が離せない」「子どもに手がかかり、自分に余裕がなく、怒りすぎてしまう」「子育てを相談できる人は特にいない」「相談は、親や友達、だけど、発達障害に詳しいわけではない。今は、グレーゾーン、診断は受けていない」様々なお話をうかがえました。
 お部屋に入ったり、出たり、自由に遊べる状態で、子ども達も笑顔で、ママ達もあっという間に打ち解け、会話も弾んでいました。いい時間になりました。
 バルーンアートが人気で、キリン、イルカ、イヌ、ムササビ、イチゴ、サクランボ、ハート、弓矢・・・子ども達は、たくさんのバルーンを両手に抱えて帰りました。

 
   


前のページへ戻る
旭川市民活動情報サイト 旭川市市民活動交流センターCoCoDe